読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラゼニ(1)

グラゼニ (1)

グラゼニ (1)

プロ野球チーム・スパイダーズに所属する凡田夏之介は高卒でプロ入りして8年目を迎える26歳、左の中継ぎ投手。年俸は1800万円であるが、プロ野球でスター選手といえば最低でも5000万から、上は億超えの選手達の事であり、スターと呼ぶには心許ない。また1回の怪我が選手生命を極端に縮めてしまう事や2軍落ち、引退後の将来への不安などに絶えず苛まれている。それでも彼は「グラウンドには銭が埋まっている」――通称「グラゼニ」を座右の銘にマウンドに立つのでした――という、プロ選手のモチベーションなんてぶっちゃけ金っしょ、生活かかってるし、綺麗事言ってられなくね? というのを前面に押し出した話。「The DRIFTERS」のアダチケイジ先生と森高夕次ことコージィ城倉先生のコンビでモーニングにて連載中。

コージィ先生は現在連載中の「おれはキャプテン」でも割とドライな視点に立って描いてるところがあるかと思いますけども、青年誌掲載ということもあってこれは殊更にドライ。確かに年俸は選手の実力を最も測りやすいバロメーターなわけで、1800万の投手がン億円プレーヤー前にして縮こまらないわけ無いだろうとも思うわけでこれをフィーチャーしない手はないだろうというか、個人的にはすごく盲点を突いてきたなあって感じで楽しみにしてました。主人公の凡田夏之介が重度の年俸マニアで自分より低収入の相手には強気に、高収入の相手には縮こまってしまいそれが如実に成績に反映してしまう、っていうのも良かった。

一番読者の心をつかみやすいスポ根でもなく、かといってONE OUTSみたいな感じでもないという事で、作画が非常に重要な原作だと思うけどスマートさんでもなく飄々としてるわけでもないこの作画はとてもマッチしているかも。アダチ先生単体の持ち味を半ば封印せざるを得なくなったのは少し惜しいけど。この春からめでたく週刊連載化した事だし、年内にもう2冊ぐらい出そう。楽しみ。