読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしもん(10)

もやしもん(10) (イブニングKC)

もやしもん(10) (イブニングKC)

マリーの一大事! 早急に彼女のもとに馳せ参じねば! と息巻く長谷川女史に拉致されるように自家用ジェットに乗せられた沢木と愉快な仲間達。何処の国に連れて行かれたかも解らぬままに手探りでのマリー探索行が始まり、未だ見ぬ白ゴス娘に嫉妬の炎を燃やす男の娘もまた沢木を追って彼の国に向かう、という流れ。

「何処の国に連れて行かれたのか解らない」という仕掛けを最初に施しつつ話を進めてバレの段階で既存のイメージとは違った見方を提示するやり方はこの漫画らしいなあとは思いました。美里と長谷川にしろ、白ゴスと黒ゴスにしろ、踏み込みそうではぐらかすところも。あと、この巻ではかの国に就職しているという沢木兄が登場。1人のキーパーソンを軸にして皆がその場所に集まる、という流れも大変大好物であります。そろそろ大団円の予感。