読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんかれあ(3)

さんかれあ(3) (講談社コミックス)

さんかれあ(3) (講談社コミックス)

千紘の祖父と共にゾンビの研究に携わっていた才媛、来宮・ダリン・アーシェントという新キャラが登場。彼女と礼弥との接触が、物語にシリアスな陰を落とす。一方で名門校のお嬢様が千紘の家に居候していることを知った従姉妹がプレッシャーかけてきたりとこの巻も面白かった。ここでゾンビ化における新鮮期と混濁期の説明がなされた事で以降の展開に対するワクワク感も出てくるし、続き楽しみにしています。