読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bio tolva / chiaroscuro

DL

CHIAROSCURO

CHIAROSCURO

先日惜しまれながらも活動を休止したハースペさんも絶賛のコメントを寄せる、脚本家兼コンポーザーという二足のわらじが眩しい御仁のデビュー作。

起承転結ないしカタルシスを大事にしたような音作りの妙が光る一方で、決してドヤァのドの字も窺わせない、朴訥さと謙虚さ。ゲストヴォーカルに全てを委ねるような大らかさと、沈黙による金よりも雄弁による銀を選ぶ愚直さが居並ぶ、非常にアンビバレントな印象。ストイックな遊び心というか。教鞭を振るいながら学んでるというかカチンコを叩きながら役を演じるというか、とにかく一曲一曲にせめぐ二律背反な感じが微妙に心地いい。北欧の良質なエレクトロニカのガワを纏いながら日本人ならではの奥ゆかしさを打ち出す音像はテニスのラリーを追って必死に首を左右に振るオーディエンスの心境を味わわせてくれます。耳が離せない。