読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国妖狐(4)

戦国妖狐(4) (BLADE COMICS)

戦国妖狐(4) (BLADE COMICS)

灼岩の死に際して無力さを痛感した真介が力を求めて使い手を選ぶ魔剣を飼い馴らそうとするのがメイン。

にわかに転換期を迎えている真介が力を得てどう変わるにしても、そこにはそれなりに説得力を持ったバックボーンやプロセスが必要なんじゃないかなと思うわけで。世直しチームの良心と言うか凡人代表の共感要員みたいな立ち位置も担える彼ですので、昨今のストーリー漫画の方向性から言っても、このまま達観/暴走していってインフレの流れに流されるまま超人に落ち着くのは考えにくいかなと思うわけなんですが、そのへんさすがだなあと。硬柔を調節して真介の砦を巧く守ってくれた。迅火+たまコンビのようないいケミストリーを期待しています。