読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月のライオン(4)

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)

3月の獅子王戦をまるごと収録。とはいえ直接的な対局の描写と言うよりは、前巻にて這々の体で挑戦権を勝ち取り、さらに大きな嵐に飛び込む島田八段をそのサポートとして頂上戦に携わり、傍で見てきた桐山君の心情描写がメイン。でも今までとは一転、勝負の世界を端的に描いた重厚な内容。表紙からそうだし、まあ大体島田さんの巻だといって差し支えはないかと。

それにしても彼の胃痛があそこまでの枷になっているとは。この巻だけ見ても、ギャグっぽかったのが展開がシリアスになるごとにグラデーションみたいに濃くなっていって最後は黒い沼。この変遷を追うだけでもページをめくる手が進むけど、それを抜きにしても島田さんの振り絞るような表情はくるものがある。と言う事で他のプロ棋士達といまいち温度差が縮まらず、なかなかライオンになって肉が食めない桐山君の葛藤はそろそろ一段落かな。

あとは三姉妹と香子さんのファーストコンタクトとか。連載時はすげえ不意打ち感を感じてた記憶がある。