読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田禎信BOX

秋田禎信BOX

秋田禎信BOX

ようやく読み終える。富士見時代の代表作2本の後日談をそれぞれと、文庫未収録/今は亡き角川mini文庫作品の再収録作品を纏めた短編集との3冊組みBOX。

『エンジェル・ハウリング』の方は全く通っていない道なのでアレとして(一応は読んだ)、やっぱり一番楽しみにしてたのはオーフェンの方。『背約者』下巻とか主に西部編あとがきなんかでちょこちょこ仄めかされてた裏設定をふんだんに盛り込んだ書き下ろし2編なんかはまさに期待通り。サイトで先行掲載されてたアレにしても、登場人物が結婚して子供が出来て、っていうその後がドラゴンボールみたいにあっさりしてるあたりに恋愛の匂いのするもんは照れくさくって書けねえよってタイプの人だと信じてたけど、最近は文芸誌に連載持ってるようだしそのへんかなり踏み込んだなあって印象。でもヒリエッタとかティッシとかの事を考えると昔の方が球威はあったかも。

そして未発表短編集、まさかの『GA』の人! オーフェン以降の仕事は深く追っかけていなかったのだけど、これはきゆづき先生をイラストレーターに起用したというよりはきゆづきワールドのノベライズの匂いがぷんぷん。八王子を前面に出したプロレス小説のくだらなさには途轍もない安堵を覚えたりとか。