読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機動旅団八福神(10)完

機動旅団八福神 10巻 (BEAM COMIX)

機動旅団八福神 10巻 (BEAM COMIX)

完結。どう考えてもあと1回は続けなきゃいかんのじゃないのって言うラストの本誌最終話が冒頭で、以降Fellows!掲載の番外編『ロングロングアゴー』も本編の話数としてカウントの上、収録。よってFellows!掲載分の、戦争の終結によって囚われの身から解放されたプリンセス・半井の昔の戦友巡りの旅に、とにかくキラキラしたがりの新キャラの女子がくっついていく話がメイン。この巻だけ半井がすごく可愛く描かれてる。

導入部はすごく興味を惹く構成で、「時代はビ――――ムだろがよッ」を始め、登場人物も非常に個性的で読み応えもあったのですけれど、戦争というテーマに名取以外の福神隊のキャラがことごとく埋没していった感はぬぐえなかったので、この後日談は久々に各キャラの元々の良さを垣間見られたという点で面白かったなと。結局名取と半井は最後まで薄ぼんやりとしたまま通じ合えなかったわけで、その橋渡し的な役割を期待していた新キャラ女子もそこらへんまったく機能しなかったわけだけども、解りやすく山のある結末を期待しなければまあアリかな、と思えなくも無い。まあロングロングアゴーですのでまたいつかチャンスはあるだろう、て感じでしょうか。

何度か全巻を読み返すことでまた何か違う観点というか、得るものがあるはずだと期待したいと思います。