読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バクマン。(4)

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

人間得手不得手はあるものだけれどまあ約束なのでということで、すわコンビ解散かと思いきや、新妻エイジの臨時アシを経たサイコーと日がなケータイ小説を綴ってきたシュージンの到る道は奇しくも同じなのでしたということで、探偵物をひっさげて見事に最初の軋みを乗り越える第4巻。

本格志向がいまいちヒットに結びつかない土壌である現実のジャンプにおいて、探偵物は最も生存率の低い樹海のひとつだと思われるわけで、小畑先生・(おそらく)大場先生両氏ともに辛酸を舐めさせられているジャンルでもあるわけで、この展開には一層の思い入れのようなものを感じるような感じないような。

漫画家に対する編集の姿勢が多く取り沙汰されたり商業漫画家が雑誌に頼らず独自の販売形態を模索してたりなんかしてこう、順位の付かない徒競走みたいな様相を呈し始めている気がする昨今、漫画家×編集のこういう古き良きというか歯に衣着せないというかそういうやりとりは仄かに熱くなったりもします。このまま服部さんが担当だったらなあと当時は思ったものですけど、今思うとあれはあれでアリかも。